ビフィズス菌サプリおすすめランキング

  1. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

  2. 乳酸菌×水素カプセルDX

    乳酸菌×水素カプセルDX

  3. 天然美通

    天然美通

ビフィズス菌を食品から効果的に摂取する方法:整腸効果を期待する

■ビフィズス菌とは
一番よく知られているのは、ヨーグルトにビフィズス菌が含まれている事でしょう。 ビフィズス菌というは、人の腸の中に常に存在している菌の一種です。 ビフィズス菌自体は、人の体内で合成されず、食物からとらなくてはいけません。

多種類に上る善玉菌のうち、一部の菌を「ビフィズス菌」と呼んでいます。 ビフィズス菌には多くの種類があります。 正式名は、ラクトバチルス、ラクトコッカス、ビフィドバクテリウムなどの名前があります。ヨーグルトの種類によっても、含まれるビフィズス菌の種類が異なります。

人の体内での効果は、善玉菌としての役割をします。善玉菌というのは、腸内環境を整える、その名の通り「良い菌」です。 悪玉菌というのが、有害物質を腸内で生み出す、「悪い菌」です。 善玉菌が腸内で増加する事により、人の体に様々な良い影響を与えます。 その為、ビフィズス菌を多くとる事が推奨されているのです。

■ビフィズス菌を多く含む食品とその採り方のコツ
ビフィズス菌は、ヨーグルトなど乳酸菌製品を始め、醤油、納豆、みそ、キムチ、などにも含まれています。
効果的に体内にビフィズス菌をとりいれる方法がいくつかあります。
・ビフィズス菌は熱や酸に弱いため、生のまま食べる
・善玉菌の増殖を助けるオリゴ糖と一緒に食べる

オリゴ糖が含まれる代表食品として、牛乳、バナナ、きな粉などがあります。 ヨーグルトとも相性が良い食品なので、ぜひ一緒に食卓にのせましょう。 また、悪玉菌から排出された、有害物質を、効率良く排出する為に、食物繊維を同時に取ると更に腸に良い食事になります。 ビフィズス菌の善玉菌増殖効果もアップするので是非お試し下さい。 食事の際に、ビフィズス菌を取るタイミングは、食後がベストです。 空腹時は、胃酸の酸性が強いため、菌が分解されてしまいます。 食後に食べるのは、酸による分解を防ぐために効果的です。

■ビフィズス菌の効果
ビフィズス菌の効果の最も特徴的なものは「整腸作用」です。 腸内環境を整え、悪玉菌を減らしてくれる作用があります。 悪玉菌が増えると、腸内に毒素がとどまり、便秘の原因になります。

ビフィズス菌は、この悪玉菌を減らしてくれる為、便秘を改善してくれます。 また、腸内の免疫機能アップの効果もあります。 腸内にある善玉菌が増える事により、免疫細胞の活動しやすい腸内環境を作ってくれるのです。

大腸内でのぜん動運動が活発になる事により、便秘が解消されると、腸内の毒素が減少します。 この事で、二次的効果として、ニキビの予防や、肌荒れ対策、頭痛対策にもなるとされています。 またビフィズス菌は、代謝に関与しているとされており、特に脂質の代謝、血中の中性脂肪の減少などに役に立っているとされています。

乳酸菌とビフィズス菌の密接な関係

乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

乳酸菌とビフィズス菌は、似て非なるものです。同じように見えてもじつはその成り立ちからして、違います。しかし、どちらも善玉菌なので判別するのが難しいですね。乳酸菌もビフィズス菌も、ヨーグルトなどの乳製品に使用されているので、広義では乳酸菌と一括りにされてしまっているようです。

・乳酸菌
腸内で乳酸を作ります。腸内では、ビフィズス菌をサポートして良い腸内環境を築きます。腸内ではビフィズス菌の1万分1、たったの0.1%しか生息していません。酸素があっても生きていけるので、漬物や乳製品など、発酵食品の中に多く含まれています。糖を分解して乳酸を作ります。ビフィズス菌よりも多くの乳酸を作り出します。

・ビフィズス菌
腸の中で乳酸と酢酸を作り出す菌です。人間の腸の中に棲む99.9%がビフィズス菌です。数としては1兆~10兆個もあります。その形はY字とX字の個性的なものです。枝分かれして分岐して見えることから、ラテン語の分岐を意味するビフィズスと名付けられました。生息場所は人間や動物の腸内で、酸素がない場所でしか生きることができません。非常に強い殺菌力を持つ、酢酸やビタミンB群や葉酸を生成します。

乳酸菌はビフィズス菌をサポートする役目

乳酸菌はごく少量、大腸の中にも存在しますが、あまりにも少ないため、外から摂取する必要があります。乳酸菌はおもに、発酵食品に含まれています。

腸内はビフィズス菌が殆どを占めていますが、腸内環境が悪くなると悪玉菌に押されてビフィズス菌は死滅してしまいます。すると、悪玉菌はここぞとばかりに有害物質である、アンモニアやアミン、そして硫化水素を作り出します。これらの物質は腸を腐敗させて、善玉菌を滅したり高血圧や癌などの原因になります。また老化を促進することでも有名です。

腸内が悪玉菌に占められ、ビフィズス菌(善玉菌)が死滅すると全身が恐ろしい諸症状に蝕まれて行くのです。そんな時に現れるのが、乳酸菌です。乳酸菌は、これらの毒素を防ぎ、抑制する効果があります。乳酸菌が腸内に増えると乳酸を作り出し、腸内を弱酸性に保ちます。すると悪玉菌はそれ以上増えなくなります。

ビフィズス菌も乳酸を作り出すことができるのですが、その数は乳酸菌には及びません。また悪玉菌が優勢な腸内であれば、ビフィズス菌自体が少ない状態なので乳酸を作り出すことは皆無と言っていいかもしれません。

乳酸菌は、乳酸を作り悪玉菌を抑制することで、ビフィズス菌が棲みやすく活動しやすい腸内環境を作り出してくれるのです。とても心強いサポート役なのです。

一方で乳酸菌は、腸内に少量しか生息していません。が、ビフィズス菌とは異なり乳酸菌は、漬物やチーズなどに含まれているため外部から摂取可能なのです。乳酸菌を増やし腸内環境をより良くするためにも、乳酸菌を積極的に摂取して腸内で孤立無援に戦う、ビフィズス菌を助けましょう。

一般的に乳酸菌は胃酸に非常に弱く、90%以上の乳酸菌は胃酸で死滅して死菌になってしまいます。生きたまま腸に届く乳酸菌も、言わば瀕死の状態ですがその僅かな乳酸菌が、ビフィズス菌を助けてくれますし、死菌であっても腸壁を修復したりときに善玉菌の餌になり、腸内環境を正常化するのに役立ちます。

生菌であっても、死菌であっても、腸内環境を守り続ける乳酸菌はビフィズス菌の恩人のような存在に違いありません。

乳酸菌、ビフィズス菌と相性の良いオリゴ糖

腸内環境を良くする為には、乳酸菌とビフィズス菌が多く居るにこしたことはありません。オリゴ糖は、この乳酸菌とビフィズス菌の餌になります。腸内で力を得て、悪玉菌を退治するためにも日頃からオリゴ糖を摂取することは大切な事です。

乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖をセットで摂取することで頑固な便秘からも解放されます。便秘が解消すれば、皮膚からアミンなどの、有害物質が汗と共に排出されることもなくなりますので、ニキビを予防することにもなり、美肌を保つことができるようになります。

オリゴ糖は、大豆やアスパラガス、キャベツなどに含まれます。こうした野菜を乳酸菌が含まれる味噌や醤油で味付けして食べると、非常に良い効果をもたらします。またビフィズス菌の配合された乳製品を一緒の食卓に用意すれば、3つの成分を一緒に摂取できます。

工夫をしながら、腸内環境を整えていきましょう。さすれば、病気知らずで美肌という素晴らしい肉体を手に入れる事ができるでしょう。もし食品から摂取するのが難しいと感じた場合は、サプリでも十分です。特にビフィズス菌はサプリかヨーグルトのように配合されたものでしか、摂取できませんから、迷わずサプリを使用して構いません。

乳酸菌もビフィズス菌も、オリゴ糖も目立った副作用は確認されていません。安心して摂取できることが、何よりも恵まれています。最近便秘で体調が芳しくないというときには、是非取り入れてください。

ページの先頭へ